車の空気 入れ方

スポンサーリンク

車のタイヤの空気の入れ方を説明するよ

まず

ガソリンスタンドへ

そこに空気入れが置いてあります、すみの方にあるかも

もちろん無料で使える

丸い空気入れを

置き場所から持ち上げて外し地面に置く

空気入れ

車のタイヤの空気を入れるところのキャップを外す

自転車と同じで手で回してとるよ

そこに空気入れの先をさします

車の空気入れさすと

プシューッと音がするけど

驚く必要はありません

車の空気入れ

空気入れの本体に

+ プラス

− マイナス

と書いてある

ボタンを押す

車の空気入れ

プラスを押すと空気が入り

マイナスを押すと空気が抜ける

どれだけ空気を入れるかは

車のドアを開けたところに書いてあります

車の空気入れ

この車の空気圧は

前後のタイヤ260(2.6)

車の空気入れ

表示を見ながらボタンを押して針が260を指せばオッケー

この写真だと

緑色が0〜250

多く入ってしまったら

マイナスを押すだけなので安心

空気入れ

簡単なので試して見てね

ガソリンスタンドで

スタッフの人がタイヤの空気見ましょうかと言って

空気が減っているからと

タイヤを売ろうとしてくることもあるので

そんな時は自分で空気入れを使って確認するといいかも

必要ないのにタイヤを交換したほうがいいと

不安をあおってくるケースもある

ガソリンスタンドによっては空気入れの形が違うと思いますが

やり方は同じ

わからなければスタンドの人に聞いちゃおう

それと

空気圧の数値を設定して自動でやるタイプもあるよ

燃費や安全のためにもこまめに行いましょう

最初は焦るかもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




検索
スポンサーリンク




検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




検索